意義深く印象深い視察 – 北海道議会議員 宮川潤

2016年1月25日から28日、北海道議会保健福祉委員会の視察に行きました。
福岡県、佐賀県、大分県での三泊四日で、たくさんの視察が組み込まれ、濃密な日程となっていました。一日目、福岡市立子ども病院。二日目、がん治療センター、緩和ケア病院、久留米市の自殺対策、三日目、リハビリテーションセンター、障がい者が働く企業、四日目は帰道です。
九州での移動は貸切バスですが、九州でも数センチの積雪の「大雪」となり、高速道路が通行止めのため、あふれた車が国道に集中し、大渋滞となったのです。
視察団を乗せたバスは、五時間で十数キロメートルしか進めず、ゆっくり歩く程度の速度。昼食を予約していた食堂はキャンセルし、コンビニ弁当で車中食と思い、立ち寄ったコンビニでは、やはり渋滞のため、弁当が入荷されていません。このペースでは視察先に到着するのは深夜になってしまいます。
これではらちが明かないと判断し、貸切バスを乗り捨てて、JRに乗り換えましたが、二日目のがん治療センターと久留米市には行けなくなってしまいました。
しかし、視察できたところは、すべて素晴らしい先進的な取り組みで、とても意義深く、勉強になりました。
そして、渋滞中のバスの重苦しい雰囲気、貸切バスを乗り捨てた視察団の英断は忘れられないことになりました。

小さな町がキラリと輝く- 北海道議会議員 宮川潤

先日、北海道議会「人口減少問題・地方分権改革等調査特別委員会」で上川管内の調査に行きました。
現在、地方の都市はどこも人口減少・過疎化に悩まされています。
とくに、子どもと働く世代の人口が減っているのが目立ちます。
地域経済が衰退して、職場が無くなり、学校が減り、入院できる病院が無くなって、買い物するもの大変になっている地域が多いのです。
私は、「JRがローカル線を廃止し、北海道が、道立病院を減らし、高校統廃合を進めながら、『地方創生』などあり得ない」と怒りを禁じえません。
そういう中でも、頑張っている地方自治体があります。
名寄市には、市立大学があり、それだけで七百人の若者がいるのです。その若者たちが、地元で就職してくれれば、あるいは一度東京や札幌に行ったとしても、そのあと地元に戻ってくれれば、地域の活性化になると期待しているのです。
子育てに力を入れている鷹栖町は、小学校二校に対し学童保育所は五か所です。東神楽町は中学校卒業までの医療費は無料にするなど子育て支援の町として知られ、人口が増えています。写真の町として有名は東川町も人口が増えています。
このように小さな町のキラリと光る取り組みを、全道に広めていきたいです。

北海道の医療を守れ- 北海道議会議員 宮川潤

私は、道議会の保健福祉常任委員をしています。

北海道は、来年夏までに「地域医療構想」を策定し、入院ベッドを削減しようとしています。

北海道内の医療機関で、ベッドが空いているところや、病棟を丸ごと閉鎖しているところもあります。
しかし、入院したい人がいないために、ベッドが空いているわけではありません。
むしろ、まだ入院していたいのに、「早く退院してください」と言われ、退院する人がいるのです。
もっと深刻なのは、医師や看護師が不足しているために、入院体制を維持できず、ベッドを空けたり、病棟を閉鎖しているのです。

深川市立病院や小樽協会病院で産婦人科を休止し、今月末には遠軽厚生病院も休止する予定です。
また、日高の浦河町で、クモ膜下出血で倒れた場合、緊急の治療を要するにも関わらず、百二十五キロメートル先の苫小牧市まで二時間もかけて救急車で運ばなくてはなりません。なお、日高本線は今年一月から不通になったままです。

北海道は「今後、医師が増えてくる。地域で勤務する医師も増えていく」と考えており、私は「甘い見通しだ」と厳しく指摘しました。

「地域医療構想」は、ベッドを減らすための計画にさせず、地域が必要としている医療機能を守り発展させるものにしなくてはなりません。